スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

署名1021筆! ご協力ありがとうございました。

10-27,2011

10月26日、大田区環境保全課に
放射能拡散防止の署名を提出してきました


10月24日第一次締め切りだった
「放射性廃棄物・災害廃棄物による、放射性物質拡散防止のお願い」の
署名はたった1週間という短い期間にも関わらず
1021名の方にご協力いただきました。
本当にありがとうございます。

10/26に、多摩地区からの焼却灰をタンクローリーに積み
大田区の南部スラッジプラントに運び込まれるという情報を知り、
すぐに署名を提出しなければ…と、昨日大田区に届けました。

大田区の環境保全課には、すでに10/18、要望書は提出済みで
今回は、大田区民からの声として「署名」を届けた形になります。

窓口となっていただいている環境清掃部参事は
「すでに大田区長には、要望書を届けましたので、目を通しています」
「今後、区民の方々の安全安心のために、情報公開に努めていきます」
「多摩地区から持ち込まれた焼却灰の処理の安全性には十分注意をしています」
「安全のため、周囲の空間線量を測定し、きちんと公開します」
「搬入後、1週間は毎日測定します」
ということでした。

ただ、大田区としても、東京都が決定した事項で
大田区管内で東京都が進めているということなので
(6月時点で、都議会でガレキ処理受け入れのための補正予算が全会一致で可決済み)
区としてできることは非常に限られ、どうしようもない。
…そのような区は非常に苦しい立場なのだと、担当の方から見受けられました。

ですので、今後は、大田区だけではなく、東京都に対して
要望を行なっていかなければならないと感じましたので
今回の署名と、今後も引き続きお願いする署名を
要望書とともに都に提出していく予定です。

第二次署名の締め切りは、
2011年11月15日(必着)
です。


ぜひ、皆さんも署名以外に
ご自身の「声」を東京都や都議会議員の方に
直接届けてくださるようお願い申し上げます。

中部以西の地区では、住民の方々による直接の声が
自治体の決定に大きく影響しています。

今後とも、放射性物質拡散防止に
ご協力よろしくお願いいたします。

1.jpg
10/18に要望書を大田区に提出した東京新聞の記事(10/19朝刊)


COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。