スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目の署名を提出しました

12-30,2011

「放射性廃棄物・災害廃棄物の
受け入れを考える学習会」を
開催しました


11月26日(日)、大田区民センターにて
「放射性廃棄物・災害廃棄物の受け入れを考える学習会」を
開催しました。
大田区民に加え、川崎、横浜、江東区からの参加があり、
この問題への関心の高さが伺えました。

大田区会議員の奈須りえさんからは、
「市民から見た『災害廃棄物受け入れ』の問題」として
災害廃棄物受け入れの現状の説明や、
処理上のさまざまな問題点の指摘がありました。

ジャーナリストの井部正之さんからは、
岩手県宮古市の震災がれき集積場のビデオ上映、
パワーポイントでの説明がありました。

放射性物質だけではなくアスベストやPCBなど、
廃棄物の受け入れに伴う様々な危険性を再認識させられました。
会場からは様々な質問が上がり、
予定時間を超過して活発なやりとりが行われました。

2度目の放射能拡散防止の署名を提出ました

11月29日(火)、大田区に
第2回集計の署名698筆の提出を行いました。
(前回提出と合わせて1719筆)

環境清掃部参事から、
災害廃棄物の処理業者について
具体的な作業内容の話を伺いました。

・高俊興業(株)では廃棄物はベルトコンベアーに乗せられて運ばれ、
選別によって適切に分別された上でそれぞれ処分されているそうです。
・ごみの焼却や下水汚泥の処理施設周辺での土壌調査は予定されていません。
・周囲の空間線量は週に一度都が測定して発表していますが、
大田区独自の調査を行う予定はありません。

とのことでした。

その後、12月26日(月)に東京都環境局を説明者とした
「岩手県宮古市の災害廃棄物処理についての区民説明会」が開催されました。

説明会の内容については改めて報告いたします。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。